フォト
無料ブログはココログ

2017年7月30日 (日)

IOTA TEST

20m 21時台。
IOTA  TEST参加のP40XがCWでクリアに入感。
普段カリブはほとんど聞くことはないが、コンテストになると聞こえてくる。
多分、普段でもオープンしているのあろうが、出ている局が絶対的に少ないのであろう。

コンテスト外では、同時刻に14.205のNETでZS8Zがクリアに入感するも、先方で時間がないようで、本日はネットにチェックインのみで他局とのQSOは無し。残念。明日時間を取るとの事。

17mCWでは同時刻、9Q6BBが相変わらず強力に入感。本日は他にS79NH, 3B9FRもクリアに入感。コンディションは良いようだ。

2017年7月23日 (日)

A25JK

昨晩22時頃にはKインデックスが5まで上がっていたが、アフリカ方面のコンディションはそんなに悪くはなかった。

A25JKのペディションがスタート、5upでJAのパイルを捌いていた。信号は強くはないがリターンは十分確認できwkd。

ZS8Zはいつも通りにEU、NAをリストQSOした後は5upのオープン戦。こちらはあまりパイルにはなっていない様子。信号は弱々しいものの、当局の所ではリターンは十分わかる状態。やはり地域差が大きいのかも。
ところでこの局、clublogにログをアップしているものの更新頻度が低い。先週wkdしたはずのQSOを確認したいのだが、未だに更新されず。
「すでにQSOしている同じバンド/モードで再QSOしないように」と言っているようだが、ログの更新頻度を上げるだけでもだいぶ改善するはず。
これだけ信号が弱いとQSOが成立したかどうか不安に思っている局は多数いるはず。前回より信号が強く聞こえる時につい保険をかけてしまうのは人(DXer)の心理だと思う。
最近いろいろと呼ぶ側に対して要求(指示)するペディション局が多くなってきているが、呼ばれる側の都合だけで要求をするのではなく、呼ぶ側の心理を読んで先手を打つということも必要だと思う。

2017年7月17日 (月)

磁気嵐

せっかくの3連休だが、16日夕から磁気嵐。
kインデックスは6まで上がり、急激にコンディションは低下。
おかげで昨夜は早く就寝。多少の寝不足解消ができた。
今夜は如何に。

2017年7月15日 (土)

ZS8Z

このところ毎週末、net に出ているZS8Zを狙っていたが、まともに聞こええることはなかった。しかし、今夜は違った。
20:30頃にクラスタに上がったので、いつもの20mSSBを聞きに行った。
EU, NA , SAをリストアップしてQSOしていたのでコンディションは良いようだが、この時点では当局には肝心のZS8Zが聞こえなかった。
しかし、netが終了してオープン戦になった21:20頃、急にシグナルが強くなり53程度で聞こえ始めた。指定のup5でコールすると、あっけなく、一発でリターンがあった。できるときはこう言うもんである。
今日はコンディションが比較的良かったようだが、競争相手が少なかったので地域限定のオープンだったのかもしれない。

2017年7月 9日 (日)

IARU TEST

久しぶりに無線機の前にゆっくり座ることができた。
まだまだイースポシーズンの真っ只中。コンディションは余り期待していなかった。
20mを、夜9時前からワッチをはじめていると、今夜はなにやら騒がしい。9時ちょうどになると各局いきなりCQ TEST を出し始めた。
そういえば、IARU コンテストの時期である。コンディション把握にちょうど良い。
クラスタの投稿を参考にしながら20mバンド内をスイープしていくと、結構カリブが聞こえている。K4P, T40HQ, PJ4HQと立て続けにQSO出来て気をよくした。こんなにクリアにカリブが開けているとは思わなかった。
同時刻のKE5EE DXnetもチラッとワッチしてみたが、こちらはコンディションが今一のようで珍局は聞こえず。
しかし、久しぶりに無線が楽しめて良かった。

2017年5月13日 (土)

KH4, KH7 復活

ARRL は何をやっているのでしょうか。
KH4, KH7 が復活です。

パパハナウモクアケア海洋ナショナル・モニュメントの発効で消滅となったKH4, KH7 ですが、その事は、この2地域を管理している管理行政機関の変更には当たらないとのこと。
すなわち、これまで通りで変更なしとのことです。
すでにリストには復活しています。

振り回されてしまいましたね。

2017年5月11日 (木)

5U5R QSL

QSLが届いた。
Img_20170511_0002

2017年5月 6日 (土)

赤城山 地蔵岳移動

昨日は、恒例の連休移動運用を実施。
今回は赤城山の地蔵岳山頂から。(SOTA-JA/GM026、JCC-1601)Qsl
11:00~13:00頃までの2時間、430FMのみで31局と交信。
標高は1600m近くあり登山道や山頂に残雪があったが、昨日は天気に恵まれ、ぽかぽか陽気で、爽快だった。
 
当初はお手軽運用を考えていた。
バス停(展望台下)からすぐの見晴山を予定していたが、いざ現地に着くと、外輪山に囲まれ電波の飛は今一。
急遽、眼前にそびえる地蔵岳を目指すことにした。
標高差400m。日頃の運動不足がたたりバテバテ。登頂できても無線をやる体力が残っているか心配だった。
しかし、どうにか頂上に立って、はるか眼下に広がる関東平野を見た時、一瞬にして疲れは飛び、休むことなく無線機のスイッチを入れてしまった。
絶好のロケーションだった。
 
QSO頂いた各局、ありがとうございました。
早速、添付のQSLをJARLに送ります。
 

2017年5月 4日 (木)

A25UK

先週の土日の状況(仕事)ではどうなることかと思っていたが、どうにか昨日よりカレンダー通り連休に突入することができ、一安心。
 
さて、この期間の目玉pediといえるA25UK。
4月末はコンディションが悪く、20mCWでやっとのことできた状態。
昨日聞くと、だいぶコンディションは上がってきた様子。
しかし、夕方、12mや17mでクラスタに投稿があったが、当局のところではノイズのみ。
夜に入って、21時台になると17m、20mのSSBで聞こえ始めてきた。
どちらもパイルにはなっておらず、難なくworked。
15mRTTYも入感していたが、こちらはドパイル。結構呼んだが歯が立たず。
22時台になると20mSSBは59で入感、結構なパイルとなっていた。
今夜はRTTYのリベンジといきますか。

2017年4月15日 (土)

3XY3D QSLが届いた

Img_20170415_0001

«Midway and Kure Islands are Now Deleted DXCC Entities その2

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31